All I’ve Got to Do

ジョン「スモーキー・ロビンソン・サウンドが作りたかったんだ」

The Beatles – All I’ve Got to Do – With The Beatles [Stereo Remastered] – 2009

 

All I’ve Got To Do (Lennon / McCartney)
THE BEATLESの2枚目のアルバム “WITH THE BEATLES” の2曲目

(Lennon / McCartney)のクレジットになってますが、実質はほぼジョン・レノンの曲と思われます。
ジョンはこの曲について、”スモーキー・ロビンソン・サウンドが作りたかったんだ”と発言しています。
スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの”ディペンド・オン・ミー”にインスパイアされたとする説もあるそうです。
同アルバムでは、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのカヴァーで”You Really Got A Hold On Me“も収録されています。

歌詞の内容は、
君に会いたくなったら 電話をすればいいんだ
そうしたら君はすぐに飛んできてくれるだろう
君だって同じよう僕が必要なときは呼んでくれたら
僕もすぐに飛んでいくよ

っていった感じの内容です。

曲は印象的なコードから入ります。(Eaug+♯ファ+ラの音で合ってる?)
Aメロのコード進行は
| C♯m | E | C♯m |
という動きをします。
これって、同アルバムの1曲目の”It Won’t Be Long“の歌い出し(サビ)と同じ動きですね。
ジョンの中で流行ってたのかな?

Aメロではポールはベースで和音を弾きます。
“ボーーーンボッ””ボーーーンボッ”って鳴ってるのがベースの和音です。

常に新しいことに挑戦してますよね。
少しでも良くなるように、少しでも成長出来るようにと。

後はそんなに特筆する曲ではないと思いますが、
ひたすらジョンのボーカルがカッコいいです。
2番のサビからエンディングのハミングなんてちょっと痺れちゃいますね。
Anna(Go To Him)“”Baby It’s You“”You Really Got A Hold On Me“なんかでも、
このジョンの渋い歌声を聴くことができます。


ジョンがインスパイアされたという”ディペンド・オン・ミー”
(You Can) Depend On Me…Smokey Robinson & The Miracles

【 関連記事リンク 】

【 各曲の記事は曲名をクリック 】

  1. It Won’t Be Long ( Lennon / McCartney )
  2. All I’ve Got To Do ( Lennon / McCartney )
  3. All My Loving ( Lennon / McCartney )
  4. Don’t Bother Me ( Harrison )
  5. Little Child ( Lennon / McCartney )
  6. Till There Was You (Willson)
  7. Please Mister Postman ( Dobbin / Garrett / Garman / Brianbert )
  8. Roll Over Beethoven ( Berry )
  9. Hold Me Tight ( Lennon / McCartney )
  10. You Really Got A Hold On Me ( Robinson )
  11. I Wanna Be Your Man ( Lennon / McCartney )
  12. Devil In Her Heart ( Drapkin )
  13. Not A Second Time ( Lennon / McCartney )
  14. Money (That’s What I Want) ( Bradford / Gordy )