Till There Was You

ポール「大好きなアメリカのグループ、ソフィー・タッカーの曲です」

The Beatles -Till There Was You (2009 Stereo Remaster)

 

Till There Was You (Willson)
THE BEATLESの2枚目のアルバム “WITH THE BEATLES” の6曲目

1957年のブロードウェイ・ミュージカル『Music Man』の劇中歌のカバー曲。
ポールがリード・ボーカルを担当。

イギリス王室主催の”The Royal Variety Performance“で演奏されたシーンが有名ですが、
その時のMCでポールが何かジョークを言って笑いを取っています。
私は長年、このジョークの意味が解らなかったのですが、wikipediaを見てようやく分かりました。
(今見たところでお腹抱えて笑える話ではないのですが・・・)

以下 〜 wikipedia 〜 より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「 なお、1963年11月4日、イギリス王室主催の「ロイヤル・ミュージック・パフォーマンス(The Royal Variety Performance)」において演奏された4曲
(From me to you, Till there was you, Twist and shout) のひとつであり、
ポールがこの曲を紹介する際のMCで「次の曲は僕らの大好きなアメリカのグループ、ソフィー・タッカーの曲です」というギャグを飛ばし、
爆笑を誘った曲としても有名である。
ちなみに、ソフィー・タッカーとはボードヴィルの女王と呼ばれたジャズ界の大御所歌手で、女優・歌手のジュディ・ガーランドに歌を教えた人物としても知られる。
個人の名前であり、もちろんグループ名ではないので、そこがジョークになっている。
これは1963年にアメリカで放送されたクイズ番組にソフィーがゲスト出演した時の、
解答者の勘違い(解答者は目隠しをしているため、ゲストがバレないように声色を変えて対応しているのを、複数の人物と思った)に基づいている。 」〜 wikipedia 〜より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という面白いジョークでした。

さて、曲はミュージカルらしい曲で、ポールがチョイスしそうな曲ですね。
こういう曲が演奏出来てしまうのがビートルズの器用なところです。

曲自体、普通のロックで使われるコード展開ではないですし、
ギターソロも中々難しい音使いをしています。
これをジョージ・ハリスンは見事に弾きこなしていますが、この時彼は弱冠20歳です。

この曲はハンブルグ時代からのレパートリーだそうですが、こういった曲を楽譜も見ずに耳コピしてたんですから、
ビートルズの耳は相当に良かったと思います。

ポールのベースを弾きながら歌う姿を観ていると、本当に音の世界の住人だなって思います。
ベースラインだけを頭で鳴らしながら弾いてたら、絶対にあんなに歌えないですし、その逆もまた然りです。
ボーカル・コーラス・ベース・ギター・ピアノ・ドラム・作曲・作詞も出来るポールだからこそですね。
驚異のマルチプレイヤーです。


The Beatles Till There Was You (Live At The Royal Variety Performance)

Paul McCartney – Till There Was You

【 関連記事リンク 】

【 各曲の記事は曲名をクリック 】

  1. It Won’t Be Long ( Lennon / McCartney )
  2. All I’ve Got To Do ( Lennon / McCartney )
  3. All My Loving ( Lennon / McCartney )
  4. Don’t Bother Me ( Harrison )
  5. Little Child ( Lennon / McCartney )
  6. Till There Was You (Willson)
  7. Please Mister Postman ( Dobbin / Garrett / Garman / Brianbert )
  8. Roll Over Beethoven ( Berry )
  9. Hold Me Tight ( Lennon / McCartney )
  10. You Really Got A Hold On Me ( Robinson )
  11. I Wanna Be Your Man ( Lennon / McCartney )
  12. Devil In Her Heart ( Drapkin )
  13. Not A Second Time ( Lennon / McCartney )
  14. Money (That’s What I Want) ( Bradford / Gordy )



9 thoughts on “Till There Was You

  1. Pingback: Please Mister Postman | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  2. Pingback: Roll Over Beethoven | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  3. Pingback: You Really Got A Hold On Me | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  4. Pingback: Devil In Her Heart | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  5. Pingback: Hold Me Tight | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  6. Pingback: I Wanna Be Your Man | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  7. Pingback: All My Loving | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  8. Pingback: Don’t Bother Me | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  9. アルバム紹介が素晴らしい。
    是非とも、全アルバムの紹介を完成させてください。
    楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*