Love Me Do ~ その3 Love Me Doに関するメンバーの発言 ~

ビートルズでさえオリジナルを演奏するのに気が引けた?

The Beatles – Love me Do

 

Love Me Do ( Lennon / McCartney )
THE BEATLESのファーストアルバム “PLEASE PLEASE ME” の8曲目
THE BEATLESのコンプリートアルバム”PAST MASTERS VOL.1″の1曲目

・ ジョン 「 自分たちのオリジナルをやりだしたのは、リバプールやハンブルグの時代からだ。
“ラブ・ミー・ドゥ”は初期のものだけど、ポールは15歳くらいから書き始めてたはずだよ。
思い切ってやる気になったのはあの曲が最初だ。かなり勇気がいることだよ。
だって僕らレイ・チャールズとかリトル・リチャードとか、そういうすばらしい人達の
曲をやってたんだから。
そんな中で”ラブ・ミー・ドゥ”を歌うのは気が引けたよね。僕らは自分たちの曲をちょっと軟弱だと思った。
それでもだんだんそういう気持ちを乗り越えて、やるだけやってみようって気になったのさ。 」(1972年)

・ ジョン 「 2日でチャート入りしたもんだから、 これはイカサマだろうってみんな思ったのさ。 」

・ — How Do You Do It”と”Love Me Do”を比較して —
ジョージ・マーティン 「 君たちの曲はあまりヒットしないと思う。 」
ポール 「 そうだろうね、でもこれが僕らなんだよ。これが僕らのやろうとしてるものなんだ。 」

・ ジョージ・ハリスン 「 ラジオで初めて”Love Me Do”を聴いた時には、体中ゾクゾクした。生涯最高の快感だね。 」

・ リンゴ・スター 「 “Love Me Do”は1位にはならなかったけど、それでもすごく嬉しかったよ。だって僕らが望んでたのはビニール盤を出すことだけだったんだ。 」

ビートルズでさえ最初はこんな感じでオリジナルを作り演奏しレコーディングしたんですね。
←Love Me Do その2へ  Love Me Do その4へ→


Love Me Do // Live At The BBC // Disc 2 // Track 35 (MONO)

Paul McCartney – P.S Love Me Do (Live)

お蔵入りとなった”How Do You Do It”
The Beatles – How Do You Do It

【 関連記事リンク 】

【 各曲の記事は曲名をクリック 】

  1. I Saw Her Standing There (Lennon / McCartney)
  2. Misery (Lennon / McCartney)
  3. Anna (Go To Him) (Alexander)
  4. Chains (Goffin – King)
  5. Boys (Dixon – Farrell)
  6. Ask Me Why (Lennon / McCartney)
  7. Please Please Me (Lennon / McCartney)
  8. Love Me Do (Lennon / McCartney)
  9. P.S. I Love You (Lennon / McCartney)
  10. Baby It’s You (David – Willlams – Bacharch)
  11. Do You Want to Know a Secret (Lennon / McCartney)
  12. A Taste of Honey (Scott – Marlow)
  13. There’s a Place (Lennon / McCartney)
  14. Twist and Shout (Medley – Russell)



3 thoughts on “Love Me Do ~ その3 Love Me Doに関するメンバーの発言 ~

  1. Pingback: Love Me Do ~ その1 レコーディングに至るまで ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  2. Pingback: Love Me Do ~ その4 曲分析 ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  3. Pingback: Love Me Do ~ その2 レコーディング ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*