I Want To Hold Your Hand 曲紹介&メンバーの発言

アメリカで初のNo.1を獲得


 

I Want To Hold Your Hand ( Lennon / McCartney )
THE BEATLESの4枚目のシングル “I Want To Hold Your Hand / This Boy” のA面
THE BEATLESのコンピレ−ションアルバム”PAST MASTERS VOL1”の6曲目

アメリカで初のチャートNO.1を獲得した”I Want To Hold Your Hand“。
ビートルズがいよいよ世界規模になるきっかけとなった曲でした。

ビートルズのアメリカでNO.1を獲得するまでの経緯は以下の通りです。

ポール「僕らはアメリカにはナンバー1を獲得するまで行かないと言ってた。
アダム・フェイスやクリフ・リチャードのようなイギリスの大スターも、米国ではフランキー・アヴァロンやフェビアンといった、たいしたことない歌手より格下扱いだ。
だからアメリカに行くことで自分たちのキャリアに傷がつくのは嫌だったんだ。それでナンバー1ヒットが出るまで行かないと宣言した。」〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

ジョージ・マーティン「私は”シー・ラブズ・ユー”なら米国でヒットすると思っていた。だが問題はレコード会社だ。
EMIの米国子会社のキャピトルは”フロム・ミー・トゥー・ユー”を最初に持っていくと、販売を拒否したんだ。
それで我々は、販売を引き受けてくれる会社をあちこち探した。そしてスワンやヴィー・ジエイと契約した。ようやくアメリカでシングルが発売されたが、
小さなレーベルだったからほとんど売れなかったんだ。」〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

ポール「”プリーズ・プリーズ・ミー”も”フロム・ミー・トゥー・ユー”もダメ、”シー・ラブズ・ユー”ではレーベルを変えたが売れなかった。」〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

ジョージ・マーティン「やがてヨーロッパでの評判がアメリカにも伝わりキャピトルも考え出した。スワンやヴィー・ジェイが出した曲も売れ出した。
キャピトルも”抱きしめたい”を出さざるを得なくなった。何より曲がよかった。」 〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

ポール「ある夜、オランピアからホテルに戻ると、ブライアンにアメリカのキャピトル・レコードから電報が届いていた。
彼は”見てくれ。アメリカでNo.1だ!”って言いながら部屋に駆け込んできた。アメリカで”アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド”がNo.1になったんだ。
その時の僕らの反応は、ちょっと説明できない。みんなでビッグ・マル(ローディー)の背中に乗って”ヤッター!ヘーイ!”って言いながら、
スウィート・ルームの中を飛び回った。僕らはNo.1だ。それから1週間、興奮が冷めることはなかった。」〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

ジョージ・マーティン「夜の1時半頃、ブライアンから電話があった。”アメリカから連絡があった 1位だ” “やったぞ!” “今から祝福を上げに来ないか?”
皆で朝まで飲んだよ。」〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

ジョージ・ハリスン「No.1になったと知った時は、すごい騒ぎだった。その夜は、ブライアンやジョージ・マーティンと一緒にディナーに出かけた。
ジョージ・マーティンが、大きなワイン樽が眠っている地下貯蔵庫みたいなレストランに連れていってくれた。そのレストランではパンがペ●スみたいな形をしてて、スープは便器みたいな器から取り分けられて、チョコレート・アイスクリームは大きなみたいだった。
そしてウェイターがやって来て、女の子全員の脚にガーターをつける。その時の写真が残ってるよ。ブライアンが頭に壷を載せているんだ。
すごくいい気分だった。パリ公演のあとは直接アメリカに行くことになっていたから。No.1になったのは好都合だったよ。
エド・サリバンの仕事がすでに決まっていたから、No.2だろうとNo.10だろうと、どっちみち行っただろうけど、No.1として行くのはいいもんだった。」〜THE BEATLES ANTOLGY 〜 より

リンゴ「信じられなかった。僕らはみんな、テキサスの人みたいに大声で”ヤッホー!”って騒ぎ続けた。その夜、僕ら4人とニールが最後にいた場所は、セーヌ川のほとりのベンチだった。僕らがニールに泳げば2万ポンドあげるって約束すると、ほんとにニールは泳いだんだ。でも僕らは言った。”やだよ、悪いね”って。」

 

neilaspinall ニール・アスピノール 写真
せっかく泳いだのに2万ポンドもらえなくて、
納得のいかないニール・アスピノール(※イメージ画像)



The Beatles – I Want to Hold Your Hand (Ed Sullivan Show Rehearsal) [HiQ]

I Want To Hold Your Hand, The Beatles (Live In Washington, D.C. 1964)

【 関連記事リンク 】


6 thoughts on “I Want To Hold Your Hand 曲紹介&メンバーの発言

  1. Pingback: This Boy | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  2. Pingback: Komm, Gib Mir Deine Hand | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  3. Pingback: Sie Liebt Dich | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  4. Pingback: Yes It Is | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  5. Pingback: She’s A Woman | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  6. Pingback: Things We Said Today | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*