Things We Said Today

AマイナーからAメジャーへの転調

The Beatles – Things We Said Today (2009 Stereo Remaster)

 

Things We Said Today (Lennon/McCartney)
THE BEATLESの3枚目のアルバム “A HARD DAY’S NIGHT”の10曲目

Things We Said Today” 邦題は “今日の誓い“。
実質ポールの作品で、リード・ボーカルはポールが担当。
イントロから聴けるアコースティック・ギターがとても印象的な曲。

この曲は、ビートルズ解散後も、ポールはwingsやソロでも演奏していて、
ポールお気に入りの1曲のようです。

曲はAmからはじまってサビでAメジャーに転調します。
ポールは、同じキーのマイナーからメジャーへの転調について、
何で読んだかは忘れましたが、
“デビュー前からベサメムーチョのようなマイナーからメジャーに転調する曲が好きだった”。
みたいなことを言ってました。

Things We Said Today“もベサメムーチョと同じようにサビでメジャーに転調します。

イントロとAメロ
|Am Em|の繰り返し

Bメロ(最後にAメジャーになります)
| C | C7 | F | B♭ |
|Am Em| Am |Am Em| A |

サビ
| A | D7 | B7 | E7 |
| A | D7 | B7 | B♭7 |

Bメロの最後で今までAマイナーだったのがAメジャーになっています。

ちょっと音質は悪いですが、ポールはライブで必ずここで客を煽ります。
またこの瞬間からメジャーの世界にいる間だけバンドの演奏はテンションをあげます。

これは偶然ではなく、明らかに意図としたパフォーマンスだと思います。

The Beatles-Things We Said Today (Live)

 

この曲のマイナー、メジャー間の説明を簡単にさせてもらいますと、

まず、大きくはAマイナーからAメジャーに転調します。
その転調は間奏終わりのEマイナーからAメジャーのコード進行でいきなり行われます。

サビはAメジャーの世界。
コード進行は、

Ⅰ → Ⅳ7 → Ⅱ7 → Ⅴ7
Ⅰ → Ⅳ7 → Ⅱ7 → ♭Ⅱ7

と4小節目と8小節目のコードが変化しています。
これはドミナントの裏コードで、機能的には(Ⅱ7 → Ⅴ7)の展開系です。
要するにツーファイブの展開系です。
そしてそのツーファイブの展開系で(Ⅰ)トニックに戻るのですが、
サビは終わって何事もなかったかのようにAメロに戻ります。

そしてそのAメロのトニックはAメジャーではなくてAマイナーです。
(AメロとコードのAがややこしくてすみません)

サビでいきなりAメジャーに転調しておいて、
サビが終わった瞬間何事もなかったかのようにAマイナーに戻る。

この何事もなかった感には”B♭”というコードが一役買っています。
サビの終わりでも出てくるのですが、Bメロで一度出て来ています。

| C | C7 | F | B♭ |
|Am Em| Am |Am Em| A |

このB♭は、
その手前の| C | C7 | F |の流れからいくと、
C7 → F によって一度Fに転調したとしたら(Ⅳ)サブドミナントの役割になります。

また、その次のAmから見たら、Ⅴ7となるE7の裏コードの♭Ⅱ7のセブンス抜きの形にも見えます。

いい具合に中間的な役割で機能しています。

ただこのB♭自体はそこまで驚く使われ方はしていません。
大切なのは同じキー(調)でマイナーからメジャー、メジャーからマイナーへの転調をしてるということです。

From Me To You“”I Want To Hold Your Hand“などでは(Ⅴ)ドミナントがメジャーになったりマイナーになったりしましたが、
ここでは(Ⅰ)トニックがメジャーになったりマイナーになったりしています。

ファンの女の子やビートルズマニアがキャーキャー騒いでる中で、
ジョンとポールは確信的にこういったことを行っていました。
そしてこの先も、常に新しいことを発見し取り入れていくスタイルが、
ビートルズの曲をさらに開花させていくことになるのです。


Things We Said today – Paul Mc Cartney

Paul McCartney – Things We Said Today – Live DVD

【 関連記事リンク 】

【 各曲の記事は曲名をクリック 】

  1. A Hard Day’s Night (Lennon / McCartney)
  2. I Should Have Known Better (Lennon / McCartney)
  3. If I Fell (Lennon / McCartney)
  4. I’m Happy Just to Dance with You (Lennon / McCartney)
  5. And I Love Her (Lennon / McCartney)
  6. Tell Me Why (Lennon / McCartney)
  7. Can’t Buy Me Love (Lennon / McCartney)
  8. Any Time at All (Lennon / McCartney)
  9. I’ll Cry Instead (Lennon / McCartney)
  10. Things We Said Today (Lennon / McCartney)
  11. When I Get Home (Lennon / McCartney)
  12. You Can’t Do That (Lennon / McCartney)
  13. I’ll Be Back (Lennon / McCartney)