Matchbox

リンゴもダブル・トラック

The Beatles – Matchbox (2009 Stereo Remaster)


 

Matchbox (Carl Lee Perkins)
THE BEATLESのコンピレ−ションアルバム”PAST MASTERS VOL.1″の13曲目

カール・パーキンスの曲のカバー。リード・ボーカルはリンゴが担当。
リンゴのボーカルも当時のビートルズの他の曲と同じくダブル・トラックとなってます。

ビートルズはカール・パーキンスの曲で他に”Honey Don’t“”Everybody’s Trying to Be My Baby“をカバーしています。

レコーディングには、カール・パーキンス本人が見学に訪れたそうです。

【原曲】Larry Williams /  Slow Down (1958)

The Beatles “Slow Down”



4 thoughts on “Matchbox

  1. Pingback: I Feel Fine | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  2. Pingback: This Boy | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  3. Pingback: Yes It Is | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  4. Pingback: She’s A Woman | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*