A Hard Day’s Night

印象的なタイトル、印象的なイントロ、印象的なアウトロ

The Beatles – “A Hard Day’s Night”

 

A Hard Day’s Night (Lennon / McCartney)
THE BEATLESの3枚目のアルバム “A HARD DAY’S NIGHT” 1曲目

この曲は、ビートルズ主演の映画”A HARD DAY’S NIGHT”用に作られた曲です。
この妙なタイトルについては以下の通りです。

以下 〜 wikipedia 〜 より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“A Hard Day’s Night” というタイトルは、リンゴ・スターが長い映画の撮影を終えて、”It was a hard day”と言ったところで夜だったことに気づいて、
“…’s night”と付け加えたのをジョン・レノンとポール・マッカートニーが聞いていたので、その言葉がそのまま採用された。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この言い間違いを文法的に説明出来るほど私の英語力は御座いませんので、
もし分からない方はググってください 笑

時々、リンゴはこうした言い間違いをするので、ジョンとポールはそれを面白がって拝借することがありました。
Tomorrow Never Knows“はその一つです。

歌詞の内容は、
“一日中働いて働いてやっと辛い一日が終わった
でも家に帰れば全てが報われる
君がいるから報われる”

って感じの内容です。
本当に忙しかったビートルズにぴったりの内容ですね。

この曲についてのポールとジョンの発言です。

ポール「注文で曲を作ることはなかったから、普通はあんな風にしないんだ。いつもは、ジョンと僕が座ってて、何か思いついたら曲を書いていた。
だけど、ウォルター・シェンソン(制作会社)が、ジョンと僕にオープニングとエンディングのクレジットに使う曲を書いてくれないかと言ってきた。
考えたけど、”ア・ハード・デイズ・ナイト”というタイトルの曲を書くのはちょっと馬鹿らしいと思えた。—その時は変なタイトルと思ってたからね。
でも少しすると、大変な一日の夜だった、1日中働いた、彼女のもとに帰ったらとても元気になった・・・というアイデアが浮かんできた。
そして、それを発展させて曲を作ったんだ。」~ THE BEATLES ANTHOLOGY ~ より

ジョン「車で家に帰る途中、ディック・レスター(映画監督)が、リンゴの言った言葉からタイトルを考えた。僕はそれを”イン・ヒズ・オウン・ライト”で使っている。
それはリンゴが何気なく言った言葉だ。リンゴ特有のおかしな間違い言葉—リンゴイズム—のひとつで、リンゴは笑わせるつもりで言ったわけじゃなく、
ただ自然に口から出てきたものなんだ。それで、ディック・レスターが “あのタイトル”ア・ハード・デイズ・ナイト”を使おう”と言った。
その翌朝には、僕はその曲を作ってきたよ。」(1980年)

両者の発言からいくと、どちらのアイデアで曲を作ったか曖昧ですが、
リンゴの言葉が元でアイデアを膨らませていったのは間違いないようです。

曲は、サビ以外はジョンが歌い、サビ(0:44〜)はポールが歌っています。
CDのライナーノーツによると、
“ジョンとポールの純粋な共作で、リード・ヴォーカルも各々が書いたパートを歌っている。”
とあります。

実際、サビはジョンにしてはキーが高いので、多分そうでしょう。

A Hard Day’s Night“のレコーディングのことを、実際に立ち会ったジェフ・エメリック(エンジニア)はこう語っています。

ジェフ「ビートルズのセッションは半年ぶりぐらいだったけれど、その比較的短いあいだに、彼らがまたぐっとプロらしくなったのを見て、ぼくはいたく感心した。
演奏がより引き締まっていただけではない。スタジオのふるまいも、すっかり歴戦のベテランらしくなり、たっぷり油を差したマシーンのように、効率よく自分たちの求める音をものにしていた。」

確かに前作”With The Beatles“に比べると、アルバムを通してかなり洗礼された印象を受けます。
恐るべきスピードでビートルズは成長してたと思われます。

さらには、このアルバムのレコーディングからは、2トラックから4トラックとなり、
スタジオワークの中で、色々と実験出来る余裕が出来たのも大きいと思います。
(現在で4トラックなんて考えられないぐらい乏しいです。アマチュアでも8〜16ぐらいは使ってます。)

さてこの”A Hard Day’s Night“は、
イントロとアウトロがとても印象的ですが、これは映画用として意識して用意したフレーズです。
映画監督から”映画の冒頭にとにかくインパクトのあるなにか”が欲しいと要求されていたので、
あの有名なイントロを用意したそうです。

アウトロは、レコーディング当日に曲が完成したと誰もが思った時に、現場に来てた映画監督が、
ドリーミーなフェイドアウトが欲しい“要求したので、ジョージ・ハリスンがその挑戦を受けて、その場で12弦ギターで録音したそうです。

ただ、この映画監督は”招かれざる客”であったと、ジェフ・エメリックは語っています。
要するに、スタジオに来てごちゃごちゃうるさかったってことです。

こうして、印象的なタイトル、印象的なイントロ、印象的なアウトロが出来上がったということです。

ちなみに当時は映画・曲共に「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」という、なんとも時代を感じさせる邦題がつけられていました。
もう誰もそんな言い方しないけどね。


A Hard Day’s Night (Opening Titles) – A Hard Day’s Night (1/10) Movie CLIP (1964) HD

【 関連記事リンク 】

【 各曲の記事は曲名をクリック 】

  1. A Hard Day’s Night (Lennon / McCartney)
  2. I Should Have Known Better (Lennon / McCartney)
  3. If I Fell (Lennon / McCartney)
  4. I’m Happy Just to Dance with You (Lennon / McCartney)
  5. And I Love Her (Lennon / McCartney)
  6. Tell Me Why (Lennon / McCartney)
  7. Can’t Buy Me Love (Lennon / McCartney)
  8. Any Time at All (Lennon / McCartney)
  9. I’ll Cry Instead (Lennon / McCartney)
  10. Things We Said Today (Lennon / McCartney)
  11. When I Get Home (Lennon / McCartney)
  12. You Can’t Do That (Lennon / McCartney)
  13. I’ll Be Back (Lennon / McCartney)