Love Me Do ~ その1 レコーディングに至るまで ~

生意気な不良新人バンド と 校長先生的プロデューサー ジョージ・マーティン

The Beatles – Love me Do

 

Love Me Do ( Lennon / McCartney )
THE BEATLESのファーストアルバム “PLEASE PLEASE ME” の8曲目
THE BEATLESのコンプリートアルバム”PAST MASTERS VOL.1″の1曲目

当時は現代のようにバンドが自分たちでオリジナル曲を作って演奏するのではなく、
作曲家から曲を買ってバンドが演奏することが常識だったので、
そんな時代にビートルズがデビュー曲からオリジナル曲で勝負したのは相当な挑戦だったのではないでしょうか?

実際にプロデューサーのジョージ・マーティンはデビュー曲用に、
イギリスの有名なソングライター ミッチ・マレーの”How Do You Do It”を用意していて一度レコーディングもしたのですが、
その曲をレコーディングし終えた時にジョン・レノン・ポールマッカートニーとジョージ・マーティンの間にこんなやりとりがあり、
How Do You Do It”はお蔵入りとなったそうです。(後にThe Beatles Anthology 1に収録されました)

ジョン 「 なぁ、ジョージ、はっきり言ってオレたち、この曲はクズだと思うんだ。 」
ジョージ 「 じゃあ君たちは一体どういう曲をやりたいんだ? 」
ジョン 「 オレたちはどっかの誰かが書いたヤワな曲じゃなくて、オレたち自身の曲をやりたいんだ。」
ジョージ 「 じゃあ言うがね、ジョン。君たちがこれに負けないくらいいい曲を書いてきたら、喜んでレコーディングしようじゃないか。 」

一瞬不穏な空気が流れた後に、ポールが礼儀正しく断固とした口調で、

ポール 「 今の僕らは、ちょっと違った方向性を目指したいと思っているんです。それに僕らの曲は決してその曲に負けてないと思います。もし良かったらちょっとやってみたいんですが。 」

ジョージ・マーティンはこの生意気な新人バンドの要求を飲み「 じゃあ、その曲を聴かせてくれ 」と言ったそうです。

そこでビートルズが演奏したのがLove Me Do

それを聴いたプロデューサーのジョージ・マーティンは「悪くはないけど今のままじゃ何かが足りない」と感じ、ジョンにハーモニカでブルージーなフレーズを吹いたらどうかと提案。
ジョンは見事にその要望に応えブルージーなハーモニカを吹いたのですが、ただ一つ問題が、、、

それまでジョンがリード・ボーカルを取っていたのですが、ハーモニカを吹くとどうしてもリード・ボーカルのフレーズを物理的に歌えなくなってしまうということ。
ハーモニカとボーカルがかぶってる箇所があり、さすがのジョン・レノンでもハーモニカを吹きながら歌うことは不可能でした。
でも、そこがビートルズの凄いところ。
すぐにポールがリード・ボーカルを取り、現在聴かれている形となったそうです。

ただ、それまでライブではジョンがリードボーカルを取って演奏していたので、
ポールは友人から「ジョンのリードボーカルの方が良かった」と言われてかなりショックだったとか。
でも後にポール自身もジョンが歌った方が良かったと認めていました。
確かにジョンの歌う”so please~”の後のブレイクのところの”Love Me Do”を聴いてみたいですね。
あの低い音域はジョンの色気のある声が出る部分だと思います。

まあそんなことを経て後日”Love Me Do”はレコーディングされることとなるのですが、
そこでもまた一悶着が、、、
Love Me Do その2へ →


Love Me Do // Live At The BBC // Disc 2 // Track 35 (MONO)

Paul McCartney – P.S Love Me Do (Live)

お蔵入りとなった”How Do You Do It”
The Beatles – How Do You Do It

【 関連記事リンク 】

【 各曲の記事は曲名をクリック 】

  1. I Saw Her Standing There (Lennon / McCartney)
  2. Misery (Lennon / McCartney)
  3. Anna (Go To Him) (Alexander)
  4. Chains (Goffin – King)
  5. Boys (Dixon – Farrell)
  6. Ask Me Why (Lennon / McCartney)
  7. Please Please Me (Lennon / McCartney)
  8. Love Me Do (Lennon / McCartney)
  9. P.S. I Love You (Lennon / McCartney)
  10. Baby It’s You (David – Willlams – Bacharch)
  11. Do You Want to Know a Secret (Lennon / McCartney)
  12. A Taste of Honey (Scott – Marlow)
  13. There’s a Place (Lennon / McCartney)
  14. Twist and Shout (Medley – Russell)



19 thoughts on “Love Me Do ~ その1 レコーディングに至るまで ~

  1. Pingback: Twist and Shout | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  2. Pingback: P.S I Love You | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  3. Pingback: A Taste of Honey | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  4. Pingback: Do You Want to Know a Secret | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  5. Pingback: Ask Me Why | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  6. Pingback: Boys | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  7. Pingback: Chains | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  8. Pingback: Anna(Go To Him) | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  9. Pingback: I Saw Her Standing There | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  10. Pingback: Love Me Do ~ その2 レコーディング ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  11. Pingback: Love Me Do ~ その3 Love Me Doに関するメンバーの発言 ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  12. Pingback: Love Me Do ~ その4 曲分析 ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  13. Pingback: Please Please Me ~ レコーディングに至るまで ~ | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  14. Pingback: Please Please Me(シングル) 〜 その2 メンバーの発言 〜 | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  15. Pingback: I Feel Fine | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  16. Pingback: Yes It Is | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  17. Pingback: She’s A Woman | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  18. Pingback: There’s A Place | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

  19. Pingback: Baby It’s You | THE BEATLES ビートルズ入門 考察 分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*